コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラゴサ サラゴサ Zaragoza

6件 の用語解説(サラゴサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラゴサ
サラゴサ
Zaragoza

スペイン北東部,アラゴン州の州都,サラゴサ県の県都。エブロ川の右岸に位置する。古くから商業,軍事上の要地で,712年ムーア人が占領,1118年からアラゴン王国の首都。 1809~14年にはナポレオン軍に占領された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サラゴサ(Zaragoza)

スペイン北東部の商工業都市。古代イベリア人の町サラドバに始まり、12世紀初頭まではムーア人の拠点、その後アラゴン王国の首都として栄えた。人口、都市圏67万(2008)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サラゴサ

スペイン北東部,アラゴン地方の同県名の県都。エブロ川右岸にあり,豊かな農業地帯の中心で,食品加工機械工業行われる。12世紀のゴシック式聖堂,大学(1542年創立)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サラゴサ【Zaragoza】

スペイン北東部,アラゴン地方にある同名県の県都。人口60万8725(1982)。エブロ川の右岸に位置し,ウエルバ川との合流点に近い。ピレネー山脈の豊富な水資源にめぐまれた工業都市であり,周辺の農産物の集散地でもある。かつてはサルドゥバ呼ばれるイベロ族の集落であり,ローマ時代にはカエサルアウグスタの名でタラコネンシス州都であった。452年にゲルマンのスエビ族に,466年に西ゴート族に,そして714年(あるいは716)にはイスラム教徒に征服されたが,1118年キリスト教徒軍によって奪回され,アラゴン王国の首都となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サラゴサ【Zaragoza】

スペイン北東部、エブロ川中流南岸の古都。八世紀初頭から400年間、イスラム教徒の支配下にあった。もとアラゴン王国の首都。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラゴサ
さらごさ
Zaragoza

スペイン北東部、アラゴン地方サラゴサ県の県都。エブロ川中流右岸、標高200メートルに位置する。人口61万4905(2001)。首都マドリードをはじめ、地中海沿岸のバルセロナバレンシア、ビスケー(ビスカヤ)湾に臨むビルバオなどの重要都市からほぼ250キロメートル等距離にあり、鉄道、幹線道路の要地。ピレネー山脈中のソンポール峠(1622メートル)を通じてフランスとも結ぶ。エブロ川およびインペリアル運河によって灌漑(かんがい)された豊かな園芸農業地帯の経済的中心地であり、1474年創立の大学をもつ文化の中心地としても栄えている。1964年以降、開発政策の拠点として工業化が推進され、建設、機械、化学、食品などの工業が発展し、人口の急増により市街地が拡大している。モスク跡に建てられたラ・セオ大聖堂(12~16世紀)は、ロマネスク、ゴシック、イスラム、バロックの諸様式の混合建築として知られる。その北西にあるゴシック様式のデル・ピラール寺院(17世紀)とマリア像(14世紀)も名高い。イスラム時代の城塞(じょうさい)も残る。[田辺 裕・滝沢由美子]

歴史

紀元前1世紀末にローマが征服するまでイベリア人が居住しサルドゥバSaldubaとよばれていた。アウグストゥス帝はここにカエサルアウグスタCaesaraugustaという軍事的植民地を形成、そのアラビア語形サラコスタSarakostaが現在の地名の由来である。当時、商業的、軍事的中心地として栄えたが、5世紀にスエビ人に降伏、さらに6世紀に西ゴート人の支配下に入った。8世紀にイスラム教徒が占領、これと闘ったシャルルマーニュ(カール大帝)が一時包囲し、その武勲詩『ロランの歌』に登場する。12世紀初頭アルフォンソ1世によって奪回され、その後アラゴン王国の首都となった(1118)。18世紀に食糧暴動が起こったが、1808~09年にはフランス侵入軍に抵抗した。スペイン内戦では早くから反乱派が占領、東部戦線の前線となった。[深澤安博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサラゴサの言及

【アラゴン】より

…スペイン北東部の地方。サラゴサ,ウェスカ,テルエルの3県からなり,人口120万8474(1988)。主都はサラゴサ。…

※「サラゴサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サラゴサの関連キーワードテルエルハカホタアルハフェリア宮殿サラゴサ大聖堂スーダの塔スペイン村ピラール広場アラゴアスグルナッシュ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラゴサの関連情報