アラゴン王国(読み)あらごんおうこく(英語表記)Reino de Aragón

日本大百科全書(ニッポニカ)「アラゴン王国」の解説

アラゴン王国
あらごんおうこく
Reino de Aragón

11世紀初頭から18世紀にかけてのイベリア半島東部の一王国。狭義のアラゴン王国は、今日のウェスカサラゴサテルエルの内陸3県に相当するが、広義ではカタルーニャ、バレンシアおよびバレアレス諸島を含むアラゴン連合王国Corona de Aragónをさす。

 711年の西ゴート王国の滅亡後、旧勢力の一部が避難したピレネー一帯はやがてカロリング帝国の支配下に入ったが、もとより辺境であるために自主独立は自然の成り行きであった。そして9世紀初頭、中部ピレネーの南側ハーカJacaを中心に土侯アスナール・ガリンドAznar Galindoの支配が成立、アラゴン伯領となった。以後、周辺勢力、とくに西のナバラ王国との関係を強め、922年にはこれと合併した。1035年ナバラ王サンチョ3世の死とともに、アラゴンは独立王国となった。まもなくヨーロッパからの援軍を得てレコンキスタ(国土回復戦争)に着手、1118年にはサラゴサを征服して首都とし、ついでその他の拠点都市の占領によって後世のアラゴンの版図ができあがった。1137年、西のカスティーリャからの圧力に対抗するために、アラゴン王女とバルセロナ伯が結婚、この結果アラゴン・カタルーニャ連合王国が誕生した。13世紀前半、両国はバレンシアとバレアレス諸島をイスラムの支配から奪回して連合に加え、ついで「シチリアの晩鐘」(1282)を機に事態に介入して同島を支配下に収め、以後イタリア進出に乗り出した。15世紀中葉、カトリック両王の結婚を通じてアラゴン連合王国はカスティーリャと連合して近代スペイン成立の一端を担うが、その法制上の独自性は18世紀初頭まで存続した。

[小林一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アラゴン王国」の解説

アラゴン王国
アラゴンおうこく
Kingdom of Aragón

スペイン君主国を構成していた一王国。イベリア半島東北部にあり,エブロ川の支流アラゴン川の名に由来した中世の王国。ローマ,西ゴート,ムーアとその領域の支配者は変ったが,1035年ラミロ1世のとき,ナバラ王国から独立してアラゴン王国となる。 76年ナバラと合併して国土回復運動を進め,領土の拡大に努めた。 1137年カタルニャ,1238年バレンシアを合併。 1469年王子フェルナンドカスティリア王国イサベルと結婚した。 74年イサベルはイサベル1世としてカスティリア女王となり,79年フェルナンドがフェルナンド2世 (カトリック王)としてアラゴン国王となったとき,両国は合併され,スペインの統一がなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「アラゴン王国」の解説

アラゴン王国
アラゴンおうこく
Aragon

イベリア半島の北東部にあった中世スペインのキリスト教国
11世紀初めに建国。以後,イスラーム教徒と戦いながら勢力を伸ばし,13世紀末以後,サルデーニャ・シチリア・ナポリをも併合した。1469年王子フェルナンド(5世)がカスティリャ王国のイサベルと結婚,79年に両国は合併してスペイン王国となり,92年にイスラーム最後の拠点グラナダを占領してイベリア半島の統一を完成した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のアラゴン王国の言及

【ハカ】より

…アラゴン川に近く,スペインとフランスを結ぶピレネー山脈縦断路の入口に位置する。1035年に成立したアラゴン王国の最初の首都で,11世紀の半ばに建てられた聖堂は,スペインで最初のロマネスク様式といわれる。サンチアゴへの巡礼路も当地を通過している。…

※「アラゴン王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android