コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルプ・アルスラン アルプ・アルスランAlp Arslan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルプ・アルスラン
Alp Arslan

[生]1030頃
[没]1073
セルジューク朝第2代のスルタン (在位 1063~73) 。チャグリ・ベグの子で,トグルル・ベグの甥にあたる。父や叔父のもとで,ガズニー朝との戦いなどに戦功をあげ,1063年トグルル・ベグの跡を継いだ。一族の反乱をしずめ,ニザームル・ムルクを宰相に抜擢して,彼に内政をゆだね,みずからは外征に専念。東方ではカラハン朝,ガズニー朝と和を結び,西方ではグルジア王国を従え,次いでファーティマ朝領に侵入して,アレッポを奪った。さらに 71年にはバン湖の北のマンジケルト (現在のマラズギルド) におけるビザンチン軍との会戦に大勝利を得 (→マンジケルトの戦い ) ,皇帝ロマヌス4世を捕え,以後のトルコ人による小アジア征服への道を開いた。しかし,翌 72年,カラハン朝との関係が悪化し,中央アジアに遠征中重傷を負い,没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルプ・アルスランの関連キーワードマリク・シャーニザーミア学院ラウワード朝

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android