コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムセス3世 ラムセスさんせいRamses III; Ramesses III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムセス3世
ラムセスさんせい
Ramses III; Ramesses III

古代エジプト第 20王朝2代目の王 (在位前 1198~前 1166) 。ラメッセス3世とも呼ばれる。セトナクトの子。内戦後まもない国政を継承。治世5年目にリビア人のナイルデルタ侵略を防ぎ,その2年後「海の民」の海陸からの攻撃を撃退したが,パレスチナの地をペレセ人 (聖書のペリシテ人) に奪われた。治世 11年目再びリビア人の攻撃にあったが,それを撃退。貿易にも力を注ぎ,シナイの銅山,ヌビアの金山も採掘。また不正を働いた下エジプト総督を罷免したり,神殿建築に従事する者たちの反乱が起こるなど政治不安が続いたが,治世の後半は平和裏に過ぎ,神殿の建立や装飾に力を注いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラムセス3世の関連キーワードラムセス三世葬祭殿メディネットハブラムセス6世エジプト美術新王国時代王妃の谷葬祭殿洋菓子クヌムハープテーベ海軍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android