コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海の民 うみのたみSea Peoples

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海の民
うみのたみ
Sea Peoples

前 13世紀から前 12世紀の初めにかけて,エジプトのナイルデルタ地帯をはじめ,アナトリア,シリア,パレスチナなど東地中海の諸国家および都市を海陸両面から激しく攻撃して,広く混乱を引起した諸種族の総称。この時期の近東の記録がまったく欠如しているのはそのためだという。ヒッタイト帝国もこれによって国力が衰退したといわれ,エジプトはメルネプタハラムセス3世の時代に攻撃を受けている。銅器時代のギリシア人の一部,エトルリア人の祖先でアナトリアからの航海者や海賊,アナトリア西岸地方の部族,サルジニア島の部族,シチリア島のシクリ人などのほか,クレタ島出身とおぼしき聖書のペリシテ人もこの「海の民」の一分派といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うみのたみ【海の民】

前13世紀終りから前12世紀初めにかけて,リビアおよび海上から移住地を求めてエジプト攻撃を試みた東地中海諸種族の総称。この呼称はエジプトの記録文書にもとづく。エジプト第19王朝のメルエンプタハ王の統治第5年および第20王朝のラメセス3世の第8年の彼らの攻撃は撃退された。海上での敗北のようすは,マディーナト・ハブのラメセス3世葬祭殿の壁に彫られている。エジプトの記録に見られる〈海の民〉の構成種族は,Sherden,Shekelesh,Ekwesh,Teresh,Luku,Pelesetなどである(種族名の読み方は多様である)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の海の民の言及

【シリア】より

…当時の最も有名な戦いは,エジプトとヒッタイトの戦いのカデシュの戦(前1286ころ)であったが,決着はつかなかった。
[アッシリアとペルシアの支配]
 このような中で,エーゲ海方面からの混成移住民〈海の民〉,アラビア砂漠からラクダとともに現れたアラム人,一部は出エジプトの集団,他はハピルあるいはハビルと呼ばれた流浪の民ヘブライ人などがシリアに移住した。〈海の民〉はヒッタイト帝国の首都を前1200年ころ攻略し,さらにシリアの諸都市を襲った。…

【山人】より

…折口は山人には先住民もいるが,里に住んだ者が山に入り,さらに海岸の民が山地に移住した者によって構成されているとして,その成立を一義的に限定していない。なかでも重要な構成主体は,海の民が山地に移住した場合であるという。もと海の神に奉仕し祭りを行っていた海の民が山に移り住んだことによって,海の神に対する信仰を山の神にふりかえた部分があるというのである。…

※「海の民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海の民の関連キーワード地中海(Mediterranean Sea)太政大臣(だいじょうだいじん)宗像うみっこらんど七塚フィリスティア人ヒッタイト美術中東史(年表)イスラエル王国中東[古代]パレスチナ史カルケミシュボアズキョイオロチョンギリシア史アッシリア地中海世界新王国時代アマルフィフリュギアドリス人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海の民の関連情報