コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムネー

百科事典マイペディアの解説

ラムネー

フランスのカトリック思想家。司祭だったが,次第に社会・政治改革の思想をいだくようになり,破門されたのち独自のキリスト教社会主義の立場で活動した。1848年国民議会議員。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラムネー【Félicité Robert de Lamennais】

1782‐1854
フランスのカトリック司祭,文筆家。ブルターニュ出身。J.M.deメーストル,L.G.A.deボナールなどの伝統主義を継承して,カトリック教会がフランス革命の打撃から立ち直ることを目標に,多くの護教論的著作や新聞の発行を通じて,活発に論陣を張った。教会の精神的権威と自由の護持のためには,教会と国家との完全な分離が必要であると主張して,カトリック・リベラリズムの先駆者となる。彼の進歩的思想を異端視する人々との戦いのなかで,ラムネーは司祭職を放棄し,教会との和解が成立しないまま死を迎えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラムネーの関連キーワードラムネ(Félicité Robert de Lamennais)カイゼルファイヤーモンタランベールラコルデール有賀 文八郎社会有機体説6月19日オザナム無差別ゲラン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラムネーの関連情報