コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルソン Larsson, Carl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラルソン
Larsson, Carl

[生]1853.3.28. ストックホルム
[没]1919.1.22. ストックホルム
スウェーデンの画家。ストックホルム美術アカデミーに学び,歴史画で金賞を得てパリに留学,一度帰国したが 1880年再びパリを訪れ印象派の画風を学んだ。 83年に帰国,挿絵画家として活躍し,85年にエーテボリの美術学校教授。主として水彩で日常生活の情景を描いたほか,エーテボリの学校や国立博物館の壁画を制作した。主要作品『アンナ・マリックレングレンの物語』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラルソンの関連キーワードラリン・キュオスティラリン・キュオスティスウェーデン美術ボルボ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android