コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランガベス Rhangaves, Alexandros Rizos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランガベス
Rhangaves, Alexandros Rizos

[生]1810.12.25. イスタンブール
[没]1892.1.28. アテネ
ギリシアの歴史家,文学者,政治家。 1844年アテネ大学考古学教授。ペロポネソス半島東部,アルゴス近郊の宮殿跡発掘に従事。外交官としてアメリカ,フランス,トルコ,ドイツに在勤。 56年外相。作家としては古代ギリシアの文体を範とする文学運動を提唱。主著『モレアの領主』 Afthentis tou Moreos (1850) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ランガベスの関連キーワードカサレブサ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android