コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランクの理論 ランクのりろんrank theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランクの理論
ランクのりろん
rank theory

ノルウェーの平和研究者 J.ガルトゥングによって国際紛争の構造的な原因の分析に用いられた理論。国格理論ともいう。一般に国家の間にはさまざまな国力の違いがある。この国力の違いを「格」 rankと呼ぶ。国力には軍事力,経済力,人口,国土,威信などさまざまな次元があり,ランクの理論によれば,ある次元で相対的に格の低い国は,それをより格の高い他の次元のレベルにまで引上げようと試みる傾向がある。この傾向がしばしば国際紛争を惹起する原因となる。また国際社会は格の異なる国が階層的に位置づけられている不均等な社会であるために,格を維持したり,高めたりしようとする国家の間で紛争が頻発する構造をもっていると理解される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android