コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランセ Rancé, Armand Jean Le Bouthillier de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランセ
Rancé, Armand Jean Le Bouthillier de

[生]1626.1.9. パリ
[没]1700.10.27. ソリニラトラップ
シトー会の修道士。トラピスト修道会とも呼ばれる厳律シトー会の創設者。貴族の家に生れ,若年でラ・トラップ修道院の大修院長禄受領者となり,文献学者,説教者として名声を得た。 1657年から 60年の間に信仰生活に目ざめ,財産,聖職禄を放棄して 64年ラ・トラップ修道院に入り,その院長となる。 14世紀後半以後世俗化の嵐を浴び衰微していたシトー会の刷新に着手,成功した。主著『修道生活の聖性と義務』 Traité de la Sainteté et des devoirs de la vie monastique (1683) は彼の修道生活の理想を論じたものであるが,学問を排斥するなど従来の修道に反するところが多く,同時代のベネディクト会士 J.マビヨンとの長い論争を招いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ランセの関連キーワードシャトーブリアン(Françoisフレンチ・トリコロール・ハウンドフレンチ・ガスコニー・ポインタージーン・ルイス ヴォードワイエリディール‐ウォーカー係数アカデミーフランセーズフレンチ・スパニエルフランチェスカッティエミール ファーブルシュリ・プリュドムバトル・スナイパールネー カストリエ追いつめられた男パイネグランデ山トランセンド理論レスキューセットフェノール係数ディスク大賞アキランサスユルスナール

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランセの関連情報