コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランダウ準位 ランダウじゅんい Landau level

2件 の用語解説(ランダウ準位の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランダウ準位
ランダウじゅんい
Landau level

磁場中で円運動をしている電子の量子化されたエネルギー準位。L.D.ランダウによって取り扱われた。磁場中の電子は,磁場に垂直な面内で円運動をし,そのエネルギー Bn は(n+1/2)ℏωc であり,ωc 間隔のとびとびの値をとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ランダウ準位【Landau level】

一様な磁場の存在下,真空中におかれた自由電子は,古典力学的には磁場に直角方向に円運動(サイクロトロン運動),磁場方向には等速直線運動をする.この円運動を量子力学的に扱うと,運動エネルギーは量子化されて離散的な(n+1/2)(h/2π)ωc となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のランダウ準位の言及

【ド・ハース=ファン・アルフェン効果】より

…1930年にド・ハースW.J.de Haasとファン・アルフェンP.M.van Alphenが,液体水素を排気して得た14Kの温度において,ビスマスの磁化率が磁場の大きさにつれて振動的に変化することを見いだしたのが最初である。この現象は金属や縮退半導体の伝導電子が,磁場で量子化されて周回軌道を回る準位(ランダウ準位)を作るとき,磁場強度の変化に応じて,ランダウ準位が次々にフェルミ準位を切っていくことに対応して生ずる磁化の変動として理解されている。ある金属について,いろいろの方向に磁場を加えてド・ハース=ファン・アルフェン効果の周期の方向依存性を測定すると,フェルミ面断面極値の大きさと異方性がわかる。…

※「ランダウ準位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランダウ準位の関連キーワード古地磁気学サイクロトロン運動真空蒸発ラーモア半径ラーモア回転シュプニコフ‐ドハース効果ド=ハース‐ファンアルフェン効果ピラリ効果ボーム‐アハラノフ効果宇宙磁場

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone