ランディ ブレッカー(英語表記)Randy Brecker

20世紀西洋人名事典の解説

ランディ ブレッカー
Randy Brecker


1945.11.27 -
米国のジャズ演奏家。
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
トランペットをハイ・スクール時代に始め、インディアナ大学でビッグ・バンドなどで活躍、ノートルダム・ジャズ祭で優勝。1966年ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ、’70年スティービー・ワンダー、アート・ブレイキーらと共演。’72年弟のマイケルとドリームスを結成。又、ジョニー&エドガー・ウインターらと共演。スタジオ・ミュージシャンとしてレコーディングにも多数参加。’74年ブレッカー・ブラザーズを率いて活躍。’70年代後半からニューヨークのクラブ・シーンで活動。妻イリアーヌ・エライアスはピアニスト兼歌手。代表作「アマンダ」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

ランディ ブレッカー
Randy Brecker


国籍
米国

専門
ジャズ・トランペット奏者

グループ名
グループ名=ブレッカー・ブラザーズ〈The Brecker Brothers〉

生年月日
1945/11/27

出生地
ペンシルベニア州フィラデルフィア

学歴
インディアナ大学

経歴
父はピアニスト。弟はサックス奏者のマイケル・ブレッカー。大学在学中ビッグ・バンドとスモール・コンボの双方で活躍。1966年ニューヨークに進出し、アル・クーパー率いるブラッド・スウェット・アンド・ティアーズに参加するが、間もなくアルとともに脱退。その後、スティービー・ワンダー、アート・ブレイキーJr.などと共演し、’72年弟のマイケルとジャズ・ロック・グループ、ドリームスを結成。’73年ラリー・コリエルのフュージョン・グループ、イレブンス・ハウスでの活動を経て、’74年よりマイケルとともにジャズ・フュージョン・グループ、ブレッカー・ブラザーズを率いて活躍。’81年解散し、ソロとして演奏してきたが、’92年弟と再結成。’94年発表した「アウト・オブ・ザ・ループ」が、’95年グラミー賞最優秀ジャズ演奏を獲得。’95年公演で来日。2001年ブレッカー・ブラザーズをアコースティック・ヴァージョンで再結成させ、ヨーロッパツアーを行う。セッション・ミュージシャンとしても高く評価され、ホレス・シルヴァー、ジャコ・パストリアス、フランク・ザッパ、スティーリー・ダン、ダイアー・ストレイツらから日本のSMAPまで、ジャンルを問わずさまざまなアーティストと共演する。他の参加作品に「スコア」「ヘヴィ・メタル・ビバップ」「デタント」「ハンギン・インザ・シティ」「サム・スカンク・ファンク」などがある。

受賞
グラミー賞最優秀ジャズ演奏賞(第37回)〔1995年〕「アウト・オブ・ザ・ループ」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android