ランデル(英語表記)Max Linder

世界大百科事典 第2版の解説

ランデル【Max Linder】

1883‐1925
サイレント時代のフランスの喜劇俳優。日本ではマックス・ランデの表記で知られてきた。演劇学校を卒業し,パリで舞台に立っていたが,1905年映画界入り。10年に〈マックス〉という主人公をつくり出した。それまでの喜劇の主人公は,サーカス道化役のように,誇張され,扮装だけで笑いをさそう,みるからに滑稽なものであったが,ランデルはまったくふつうの人間の扮装,すなわち黒の礼服シルクハットエナメルの靴に白い手袋をはめ,ステッキを持った,一分のすきもない紳士のスタイルで〈道化〉を演じたところにそのユニークさがあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のランデルの言及

【喜劇映画】より

…この〈しゃべれない不自由さ〉ゆえに,当時の喜劇は,きわめて映画的,すなわち映像的だったといえる。1905年に最初の作品を送り出したフランスのマックス・ランデル(1883‐1925)も,パリのボードビルの舞台の出身である。彼は,寄席の道化師や軽業師によるどたばたに,洗練された軽妙なスタイルをもちこみ,製作,脚本,監督,主演を兼ね,第1次世界大戦前の大スターとなる。…

※「ランデル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランデルの関連情報