コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラントン Langton, Stephen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラントン
Langton, Stephen

[生]?
[没]1228.7.9. サセックス,スリンドン
イギリスの神学者,枢機卿。青年時代ヨークの聖職禄を受けていたが,1181~1206年パリで神学を学び,1206年学友だった教皇インノケンチウス3世から枢機卿に任命され,翌 1207年カンタベリー大司教に選ばれた。しかし教皇権拡大を不満とするジョン王の反対にあい,実際に司教座についたのは国王が教皇に屈した 1213年であった。 1215年国王と対立関係にあった貴族たちとともに『マグナ・カルタ』を公認させ,教会の自由を確立し,1222年にはオックスフォード近郊オスニーで教会会議を開催し,カンタベリー大司教の権限強化に努めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラントンの関連キーワードヒュー・レッドウォルド トレバー・ロウパーウェブスター(Ben Webster)ワイス(Peter Weiss)ウェニ・サンクテ・スピリツスジョセフ(Jr.) バイデンウィリアム コツウィンクルウェンデル マーシャルジュディ マクグラストレバー・ローパーブラントンコンパストレバー・ローパーロバート ライシュA. ギョーマントミー ドーシートッド リンデン梨花女子大学校エディ ラングマルヌ[川]岩田 専太郎マラー/サド

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android