コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランプブラック ランプブラック lampblack

翻訳|lampblack

2件 の用語解説(ランプブラックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランプブラック
ランプブラック
lampblack

絵具の色名の一つ。鉱物性の油やタール,樹脂などを燃やしたすすからとった,きわめて純度の高い (99%以上) 炭素から成る顔料。着色力が強いこの黒色顔料は,少し青みを帯びた黒で,油で練り合せるとき吸油量が大きく,乾燥性が著しく悪いため,乾燥材 (→シッカティフ ) を適切に混入する必要がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色名がわかる辞典の解説

ランプブラック【lamp black】

色名の一つ。JISの色彩規格では「」としている。一般に、ランプの油を燃焼させてできた煤すすを原料とする顔料のような黒。論理的にはみがかっていない黒らしい黒を意味する。和名は色。マツ科マツなどの木材を燃やした煤をにかわで練って固ためた墨の濃い色をさす。いずれも古代から用いられてきた顔料。炭素が原料なのでカーボンブラックともいえる。現代では化学合成して製造する。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランプブラックの関連キーワードウィスタリアオリーブグリーン黄赤黄緑グラスグリーンシルバーグレイスカイブルー鉄黒灰茶マルーン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランプブラックの関連情報