コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランプブラック ランプブラックlampblack

翻訳|lampblack

2件 の用語解説(ランプブラックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランプブラック
lampblack

絵具の色名の一つ。鉱物性の油やタール,樹脂などを燃やしたすすからとった,きわめて純度の高い (99%以上) 炭素から成る顔料。着色力が強いこの黒色顔料は,少し青みを帯びた黒で,油で練り合せるとき吸油量が大きく,乾燥性が著しく悪いため,乾燥材 (→シッカティフ ) を適切に混入する必要がある。 (→カーボンブラック )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

色名がわかる辞典の解説

ランプブラック【lamp black】

色名の一つ。JISの色彩規格では「」としている。一般に、ランプの油を燃焼させてできた煤すすを原料とする顔料のような黒。論理的にはみがかっていない黒らしい黒を意味する。和名は色。マツ科マツなどの木材を燃やした煤をにかわで練って固ためた墨の濃い色をさす。いずれも古代から用いられてきた顔料。炭素が原料なのでカーボンブラックともいえる。現代では化学合成して製造する。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランプブラックの関連情報