コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランプル Rangpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランプル
Rangpur

バングラデシュ北部,ラージシャーヒ州の都市。サイドプル東方約 35km,ブラマプトラ川の小支流にのぞむ。周辺は国内有数のタバコ生産地帯で,その集散のほかタバコ乾燥工場,加工工場が多く,ビディーと呼ばれる葉巻たばこを特産。綿製カーペットの産地としても知られ,ほかに煉瓦製造,象牙細工などが行われる。ラージシャーヒ大学に属する工学,農業,教育などのカレッジがある。人口 20万 3931 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ランプル(Rangpur)

バングラデシュ北西部の都市。ムガル帝国時代より毛織物が有名で、周辺は国内有数のタバコの生産地として知られる。英国統治時代の市庁舎や動物園のほか、同地領主が宝石で財を成して建てた宮殿(現在は博物館)などがある。ランプール。ロンプール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ランプルの関連キーワードウッタル・プラデシュベランポールティスタ川ルールキーフーグリ川バレーリー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android