コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・トゥール・デュ・パン ラ・トゥール・デュ・パン La Tour du Pin, Patrice de

2件 の用語解説(ラ・トゥール・デュ・パンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・トゥール・デュ・パン
ラ・トゥール・デュ・パン
La Tour du Pin, Patrice de

[生]1911
[没]1975
フランスの詩人。幼少年期をソローニュでおくり,カトリックの強い影響を受け,自然と魂との神秘的結合を追求する。処女詩集『歓喜の探究』 La Quête de joie (1933) で認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・トゥール・デュ・パン
らとぅーるでゅぱん
Patrice de La Tour du Pin
(1911―1975)

フランスの詩人。パリ生まれ。名門貴族の出身で、少年時代をソローニュの古城で送り、神秘的な夢想と人間主義的な叙情をあわせもつ詩風をひとり育てた。詩集『喜びの探求』La Qute de joie(1933)で世に迎えられ、のち、それまでの全詩作をまとめた『総詩集』(1946)の大冊を出した。彼の詩風は、現実社会から離れて個人的体験を宇宙的な叙事詩に高めようとする形而上(けいじじょう)的志向が際だっているが、晩年にはしだいに神学的な境地を深め、『生のためのたたかい』Une lutte pour la vie(1970)などの著作がある。[安藤元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラ・トゥール・デュ・パンの関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn