形而上(読み)けいじじょう

精選版 日本国語大辞典「形而上」の解説

けいじ‐じょう ‥ジャウ【形而上】

〘名〙 (「易経‐繋辞上」の「形而上者謂之道、形而下者謂之器」による) 形がなくて、感覚ではその存在を知ることのできないもの。時間、空間を超越した、抽象的、普遍的、理念的なもの。⇔形而下
※乾坤弁説(1656)序「是以至形而上之儀、則晦盲不明」
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一「此の如きは独り吾人が耳目に触れ来る政治、社交、衣食住、の事に止らず。更に進んで形而上の事を観察したらんには如何」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「形而上」の解説

けいじ‐じょう〔‐ジヤウ〕【形×而上】

《「易経」繋辞上から》
形をもっていないもの。
哲学で、時間・空間の形式を制約とする感性を介した経験によっては認識できないもの。超自然的、理念的なもの。⇔形而下

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「形而上」の解説

形而上
けいじじょう
Xing-er-shang

形而下に対する語で,道の形容。『易経』繋辞伝に「形而上なるもの,之を道と謂ひ,形而下なるもの,之を器と謂ふ」とある。『易経』での原義は具体的な形をこえたものということであったが,のちにさまざまな意味が付加された。特に道学では,形而上をの形容として形而下であるに対し,物質的な要素のまったくないという意味を含ませた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android