コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・フィーユ・マル・ガルデ ラ・フィーユ・マル・ガルデ La Fille mal gardée

2件 の用語解説(ラ・フィーユ・マル・ガルデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・フィーユ・マル・ガルデ
ラ・フィーユ・マル・ガルデ
La Fille mal gardée

2幕3場のバレエ。振付 J.ドベルバルフランス革命が起る2週間前の 1789年7月1日に,ボルドーのグラン・テアトルで初演されたコメディ・バレエで,表題は『箱入り娘』『リーズの結婚』などと訳される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ラ・フィーユ・マル・ガルデ

フランスの振付家ジャン・ドーベルヴァルによる全2幕のバレエ(1789)。原題《La fille mal gardée》。『リーズの結婚』、『リゼット』とも呼ばれる。現在も上演される最古のバレエ作品の一つ。1858年にフレデリック・アシュトンが手掛けた改訂版が広く知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラ・フィーユ・マル・ガルデの関連キーワードじゃじゃ馬ならしパ・ド・カトルヌーベル・ダンスコンセルヴァトリエザ・カブキジャンガダパキータリゼットリーズの結婚ブラク・ドーベルニュ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・フィーユ・マル・ガルデの関連情報