ラーコーツィ家(読み)ラーコーツィけ(英語表記)Rákóczi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラーコーツィ家」の解説

ラーコーツィ家
ラーコーツィけ
Rákóczi

トランシルバニアのマジャール系のプロテスタント貴族の家系。 16~18世紀にハンガリーの独立と信仰の自由を守ってオーストリアの支配に抵抗した多くのトランシルバニア侯を輩出。
(1) ジグモンド  Zsigmond   1544~1608 
在位 1607~08年。ボチカイ・イシュトワーンを支持して反オーストリア蜂起に参加 (1604) ,その死後侯位を継いだ。
(2) ジェルジ1世  György I   1593~1648 
在位 1630~48年。ジグモンドの末子ベトレン・ガーボルの遺志を継いでハプスブルク家と戦い,リンツの和 (1645) によって信仰の自由を獲得,侯国最大の版図を実現した。
(3) ジェルジ2世  György II   1621~1660 
在位 1648~60年。ジェルジ1世の子。ポーランド王位への野心にかられて国内の貴族や宗主国トルコの同意なしに遠征,トルコに扇動されたクリミア・タタールに敗れた。以後トルコの干渉を招き,侯国衰亡の因をつくった。
(4) フェレンツ1世  Ferenc I   1645~1676 
在位 1660~76年。ジェルジ2世の子。ラーコーツィ・フェレンツ2世の父。母の影響でカトリック教に改宗。ズリニ・ペテルの反オーストリア蜂起 (1670) に参加したが,敗北
(5) フェレンツ2世→ラーコーツィ・フェレンツ2世

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android