ラーマ五世(読み)ラーマゴセイ

大辞林 第三版の解説

ラーマごせい【ラーマ五世】

1853~1910) タイの国王(在位1868~1910)。別名チュラロンコン王。タイの独立維持につとめ、米の輸出増大による国家財政の強化、国家機構や土地制度などの近代化(チャクリ改革)を推進した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ラーマ‐ごせい【ラーマ五世】

(ラーマはRama) 現タイ王朝(チャクリ朝)第五代の王(在位一八六八‐一九一〇)。タイの近代化につとめ、奴隷制廃止、欧化主義を採用する一方、ヨーロッパ諸国の治外法権の撤廃を行ない、独立を保つ。タイ近代化の父と称される。チュラロンコーン。(一八五三‐一九一〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android