コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧化主義 おうかしゅぎ

6件 の用語解説(欧化主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欧化主義
おうかしゅぎ

法律や政治制度,文化や生活様式の各領域で,西欧化を進めようとする政策,運動,思想一般をさす。最初は廃藩置県以降の明治政府による文明開化政策として現れ,また福沢諭吉や森有礼らの明六社の同人たちによって唱道された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうか‐しゅぎ〔オウクワ‐〕【欧化主義】

国の制度・文化などをヨーロッパ風に変えようとする考え方や立場。特に、明治10~20年代、井上馨外相を中心に条約改正交渉促進のためにとられた政策をいう。鹿鳴館の舞踏会に象徴される皮相的なもので終わった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

欧化主義【おうかしゅぎ】

1879年以後井上馨外務卿時代,条約改正の急速な実現のためにとられた,鹿鳴(ろくめい)館での舞踏会に象徴されるような外面的欧米模倣政策。宮廷や上流階級の洋風化,建築の洋式化,演劇改良運動等を行ったが,1889年条約改正失敗で衰微。
→関連項目鳥尾小弥太

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうかしゅぎ【欧化主義】

開国後の日本で欧米をモデルとして制度文物を変革していこうとした動向をいう。狭義では,1880年代半ばに条約改正と関連して明治政府が推進した,鹿鳴館に象徴されるような洋風化の動向,あるいは,それを〈貴族的欧化主義〉と批判し,みずから〈平民的欧化主義〉を唱道した日清戦争前の徳富蘇峰らの言動をさす場合がある。〈欧化〉という言葉は欧米化が簡略化したものであるから,1945年の敗戦後に〈アメリカナイゼーション〉と称された動向なども欧化に含めてよいが,最近では〈欧化〉〈欧化主義〉よりも〈西洋化〉〈西洋主義〉という言葉のほうが一般化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうかしゅぎ【欧化主義】

制度や風俗・思想などをヨーロッパ風にしようとする主義、または政策。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欧化主義
おうかしゅぎ

明治政府による上からの近代化の基調となった西欧化政策一般をいうが、とくに明治10年代後半から20年代初めにかけて、条約改正の急速な実現のためにとられた外交政策社会現象をさす。1879年(明治12)外務卿(きょう)(85年内閣制度成立後外務大臣)に就任した井上馨(かおる)は、まず法権の回復を図ろうとし、82年条約改正予議会、86年条約改正会議を各国との間に進めたが、その際伊藤博文(ひろぶみ)らとともに、83年の鹿鳴館(ろくめいかん)開館に象徴されるごとく、制度、文物、習俗を欧風化して、欧米諸国に日本の近代化を認めさせ、交渉の促進を図ろうとした。鹿鳴館での政府顕官と外国使臣との社交、官庁をはじめ洋館建築、服装、結髪、食事、礼法など風俗の洋風化、キリスト教の奨励や言語、詩歌、小説、演劇、美術などの改良運動、はては人種改良論まで唱道された。その多くは政策的に演出された外面的な欧化であり、上流社会を中心としたものであっただけに厳しい批判が起こった。徳富蘇峰(とくとみそほう)ら民友社グループは欧化主義の貴族的性格を批判して平民的欧化を主張し、志賀重昂(しがしげたか)、三宅雪嶺(みやけせつれい)、陸羯南(くがかつなん)ら国粋主義を標榜(ひょうぼう)する政教社グループは伝統文化や国民的精神の尊重を説いて皮相な欧化主義を批判した。また条約改正交渉は外人法官の任用規定など片務的で日本に不利なものだったので、自由民権家をはじめとして激しい反対運動が起こり、井上を辞職に追い込んだ。その後大隈重信(おおくましげのぶ)外相の改正交渉も89年失敗に終わり、これを機会に欧化主義の風潮も急速に衰えた。[和田 守]
『井上馨侯伝記編纂会編『世外井上公伝 3』(1934・内外書籍/復刻版・1966・原書房) ▽指原安三編『明治政史』(『改訂版 明治文化全集9・10 正史篇』所収・1956・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欧化主義の関連キーワードマルリサ深雪立羽文物モデルカーアリナアリスBrunomica

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欧化主義の関連情報