桑門(読み)ソウモン

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐もん サウ‥【桑門】

〘名〙 侶のこと。世捨人。沙門。くわのかど。
※続日本紀‐養老元年(717)四月壬辰「貌似桑門。情挟姧盗
※方丈記(1212)「やよひのつごもりごろ、桑門の蓮胤、外山の菴(いほり)にして、これをしるす」 〔後漢書‐楚王英〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の桑門の言及

【僧】より

…厳密には,得度した者が僧,具足戒を受けた者は大僧,出家して得度にいたらぬ有髪の修行者は童行,行者といった。僧は別に比丘,桑門,沙門,和尚,道人などさまざまによばれる。 中国に仏教が初めて伝来した漢代では,出家するのはほとんど渡来の外国人とその子孫であって,漢人の出家はまれであった。…

※「桑門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桑門の関連情報