コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーメスワラム ラーメスワラム Rāmeswaram

2件 の用語解説(ラーメスワラムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーメスワラム
ラーメスワラム
Rāmeswaram

インド南部,タミルナードゥ州南東部,ポーク海峡に浮ぶパンバン (ラーメスワラム) 島の主邑。同島北東岸に位置し,本土とはパンバン水道にかかる鉄橋を通る鉄道で結ばれ,スリランカのタライマンナルとの間にフェリーが発着する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラーメスワラム(Rameswaram)

インド南部、タミルナドゥ州の都市。同州南東岸、ポーク海峡に浮かぶパーンバン島に位置し、本土と鉄橋で結ばれる。古代インド叙事詩ラーマーヤナ」の舞台であるほか、12世紀建立のラーマナータスワミ寺院は南インド有数のヒンズー教の巡礼地として知られる。ラーメーシュワラム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラーメスワラムの関連キーワードコインバトールタミルタミル語タミル族マドゥライムンドゥタミルナドゥブリハディーシュワラ寺院アンナードゥライタミル・ナードゥ[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone