コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーメスワラム Rāmeswaram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーメスワラム
Rāmeswaram

インド南部,タミルナードゥ州南東部,ポーク海峡に浮ぶパンバン (ラーメスワラム) 島の主邑。同島北東岸に位置し,本土とはパンバン水道にかかる鉄橋を通る鉄道で結ばれ,スリランカのタライマンナルとの間にフェリーが発着する。『ラーマーヤナ』にちなむヒンドゥー教の聖地で,ラーマがスリランカに幽閉されたシータ妃を救出するために旅立つに際し,足跡を残した地といわれる。 17世紀建立の寺院には,シバ派,ビシュヌ派を問わず多くの巡礼が訪れる。漁業が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラーメスワラム(Rameswaram)

インド南部、タミルナドゥ州の都市。同州南東岸、ポーク海峡に浮かぶパーンバン島に位置し、本土と鉄橋で結ばれる。古代インドの叙事詩ラーマーヤナ」の舞台であるほか、12世紀建立のラーマナータスワミ寺院は南インド有数のヒンズー教の巡礼地として知られる。ラーメーシュワラム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラーメスワラムの関連キーワードアブドゥル・カラム

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android