コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・イール Laurent de La Hyre

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・イール【Laurent de La Hyre】

1606‐56
フランスの画家。パリに生まれる。父エチエンヌも画家。ラルマンGeorges Lallemand(Lallemant)のアトリエで学び,フォンテンブロー城の装飾に加わる。初期作品にはマニエリスム風の手法がみられるが,しだいにS.ブーエなどのバロック的描法を見せる。1640年代になるとパリの邸宅(オテル)の装飾画やタピスリーのデッサン,あるいは新しく建築された教会のための宗教画を手がける。48年,〈絵画アカデミー〉の創設者12名の一人となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラ・イールの関連キーワード天文学史(年表)3月18日2月26日坂部広胖

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android