コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・イール Laurent de La Hyre

1件 の用語解説(ラ・イールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・イール【Laurent de La Hyre】

1606‐56
フランスの画家。パリに生まれる。父エチエンヌも画家。ラルマンGeorges Lallemand(Lallemant)のアトリエで学び,フォンテンブロー城の装飾に加わる。初期作品にはマニエリスム風の手法がみられるが,しだいにS.ブーエなどのバロック的描法を見せる。1640年代になるとパリの邸宅(オテル)の装飾画やタピスリーデッサン,あるいは新しく建築された教会のための宗教画を手がける。48年,〈絵画アカデミー〉の創設者12名の一人となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラ・イールの関連キーワードエルンストクルーエシャガールドガボナールユトリロサルコジフランスソワール山田キクジョリヴェ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・イールの関連情報