リオンヌ(英語表記)Lionne, Hugues de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リオンヌ
Lionne, Hugues de

[生]1611.10.11. グルノーブル
[没]1671.9.1. パリ
フランスの外交官,政治家。ドーフィネの貴族の出身で,リシュリュー公の時代に外交官をつとめた A.セルビアンの甥。 J.マザランの時代に重要な外交交渉に専念し,とりわけピレネー条約の締結 (1659) に大きな役割を果した。 1663年外務卿に就任し,ドーバー条約 (70) をひそかに結んでイギリスに中立を保障させ,オランダ戦争の準備に力を注いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

リオンヌ

生年月日:1611年10月11日
フランスの外交官,政治家
1671年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android