リオ・グランデ(読み)りおぐらんで(英語表記)Rio Grande

翻訳|Rio Grande

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リオ・グランデ
りおぐらんで
Rio Grande

ブラジル南部、リオ・グランデ・ド・スール州の港湾都市。パトス湖の南端近くに位置する。人口18万6544(2000)。1737年に植民都市として建設された。ブラジルの重要港の一つで、食肉や皮革の加工業、毛織物・綿織物工業が盛んである。漁港としても重要で、大きな精油所がある。ドイツ系、イギリス系の商社が多く集まる中心部の近代的都市景観と、ポルトガルの植民地時代の古い建物との対照が訪れる人々の目をひく。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例