コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パトス湖 パトスこLagoa dos Patos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パトス湖
パトスこ
Lagoa dos Patos

ブラジル最南部,リオグランデドスル州南東部にある潟湖。同国最大の湖で,面積1万 140km2大西洋岸に沿って南西から北東へ約 250kmにわたって細長く延び,幅は 30~60km。最大水深 5m。大西洋とは細長い砂州によって分けられ,砂州の切れた南端部で狭い水路により結ばれる。北部にジャクイ川が流入し,南部にサンゴンサロ運河によって結ばれた南西方のミリン湖の余水を受ける。ジャクイ川流入点にポルトアレグレが,大西洋との連絡水路に面してリオグランデがある。水深は浅いが,浚渫により両市を結ぶ航路が開かれている。湖では漁業が行われ,西岸一帯では稲作が盛ん。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パトス湖
ぱとすこ
Lagoa dos Patos

ブラジルの南端部、リオ・グランデ・ド・スール州の海岸にある湖。多数の砂丘をのせた長大な砂州によって大西洋から隔てられてできた潟湖(せきこ)(ラグーン)である。長さ280キロメートル、最大幅70キロメートルで、海岸線に沿って長く延び、面積は9850平方キロメートル。湖の南端部には、海へ通じる出口と南のミリン湖へ続くサン・ゴンサロ水路がある。北部のグアイーバ川とよばれる入り江の奥に、州都ポルト・アレグレがある。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例