コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスクオン リスクオン risk on

2件 の用語解説(リスクオンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リスク‐オン(risk on)

投資家がより高い収益を目指して、リスクの高い資産に積極的に資金を投入する傾向にある市場の状況を表す金融用語。⇔リスクオフ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リスクオン
りすくおん
risk on

投資家がリスクの高い資産に資金を振り向けることを志向している状態。リスク選好、リスク志向ともいう。アメリカ連邦準備制度理事会FRB)をはじめとする主要国の中央銀行利下げを行うなど、今後の相場が加熱すると予想される経済環境(過剰流動性)になると、グローバルな投資マネーが、株式や新興国通貨など利率が高いハイリスク資産に向かうようになる。こうした状況をリスクオン相場とよぶ。1種類のリスク資産の価格が動き出すと、連鎖的に他のリスク資産にも伝播(でんぱ)することが多い。2008年のリーマン・ショック以降、相場を分析する用語として幅広く使われるようになった。対義語はリスクオフrisk offで、景気の先行きに不安定な要素が出てくると、投資家は投資資金をリスクの低いドルや円などの主要国通貨、あるいは主要国の国債など相対的に安全と思われる資産に振り向けることを志向するようになるが、こうした状態をさしていう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リスクオンの関連情報