コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスト・カット症候群 りすとかっとしょうこうぐん wrist‐cutting syndrome

1件 の用語解説(リスト・カット症候群の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

リスト・カット症候群

自殺を直接の目的としないで自分の手首を繰り返し傷つける女性たちを、精神科医ローゼンタールが研究して名付けた症候群。1960年代に米国で広がった現象で、現在の日本でも恒常的に見られる。その行為は一時的に、自己の存在感の確認になったり、不快な気分や感情を解消する側面があるので、反復される傾向にある。周囲への脅しであると見過ごさないことが大切。

(田中信市 東京国際大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リスト・カット症候群の関連キーワード自殺在宿自害自剄自刎手署刎死手術保険金販売目的の事業体腕がらみ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone