コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リドルフィ陰謀事件 リドルフィいんぼうじけんRidolfi Conspiracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リドルフィ陰謀事件
リドルフィいんぼうじけん
Ridolfi Conspiracy

1571年にイギリスで起った女王エリザベス1世廃位の旧教徒陰謀事件。主謀者は,スコットランドのロス司教としてメアリー・スチュアートの宗教政策上の助言者をつとめ,69年からメアリーを代表する大使としてロンドンに来ていたジョン・レズリーであったが,事件は彼の代理人として行動したフィレンツェ生れの銀行家ロベルト・リドルフィの名で呼ばれる。内容はネーデルラントからアルバ公指揮のスペイン軍がイギリスに侵入し,これに呼応してイギリスの旧教徒も蜂起し,エリザベス1世を廃位して代りにメアリー・スチュアートを即位させ,しかも彼女を旧教徒の4代ノーフォーク (公) と結婚させようというもの。リドルフィは,大陸に旅行して教皇ピウス5世,フェリペ2世,アルバ公に援助を求めた。しかし彼の密使がドーバーでつかまったことから陰謀は露見し,多くの逮捕者が出,ノーフォーク公は処刑された。レズリーも逮捕,投獄されたが,73年イギリス退去の条件で釈放され,おりから旅の途上にあったリドルフィはフィレンツェに帰った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リドルフィ陰謀事件の関連キーワードノーフォーク(公)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android