コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバニオス Libanios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リバニオス
Libanios

[生]314
[没]393
ギリシアの雄弁家。アンチオキア出身。コンスタンチノープルに雄弁術の学校を開設。多数の演説,書簡,デモステネス研究などを残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リバニオス【Libanios】

314‐393ころ
古代末期のギリシアの弁論家,修辞学者。小アジアのアンティオキアの名門に生まれ,アテナイコンスタンティノープル,ニコメディア,ニカエアなどの学問的中心地で修辞学の研鑽を積んだ。〈背教者〉ユリアヌス帝の知遇を得て,人生後半を故郷で過ごし,流麗な古典風ギリシア語を駆使して多数の祝典演説や政治的内容の上提文,文芸・歴史学的な論文,弁論技術の入門指導書,当時の政治家や著名人あてのおびただしい数の書簡などを著した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のリバニオスの言及

【バシレイオス[カッパドキアの]】より

…カッパドキアのカエサレアの富裕な名門の家に生まれ,生地およびコンスタンティノープル,アテナイで学んだ。その間にナジアンゾスのグレゴリオスと友情を結び,アテナイでは異教の哲学者リバニオスLibanios(314‐393ころ)の門で,のちにローマ皇帝として異教の復活をはかったユリアヌスとともに学んだ。ギリシア古典の深い知識を身につけたバシレイオスは,世俗の名声を捨て,修道生活を志し,ポントス地方のイリス川に臨む家族の領地にひきこもった。…

【バシレイオス[カッパドキアの]】より

…カッパドキアのカエサレアの富裕な名門の家に生まれ,生地およびコンスタンティノープル,アテナイで学んだ。その間にナジアンゾスのグレゴリオスと友情を結び,アテナイでは異教の哲学者リバニオスLibanios(314‐393ころ)の門で,のちにローマ皇帝として異教の復活をはかったユリアヌスとともに学んだ。ギリシア古典の深い知識を身につけたバシレイオスは,世俗の名声を捨て,修道生活を志し,ポントス地方のイリス川に臨む家族の領地にひきこもった。…

※「リバニオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リバニオスの関連キーワードテオドロス[モプスエスティア]バシレイオス[カッパドキアの]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android