リビングストン鉱(読み)りびんぐすとんこう(英語表記)livingstonite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リビングストン鉱
りびんぐすとんこう
livingstonite

水銀とアンチモンのみからなる唯一の硫塩鉱物であると同時に、過剰の硫黄(いおう)を含むことが実証されている種。すなわち構成成分の硫化物における通常の原子価として、水銀二価、アンチモン三価を設定するとHgS2Sb2S3=HgSb4S7となるのに対し、このものの化学式はHgSb4S8となることが、結晶構造解析や新しい化学分析結果、合成実験や合成物の分析結果などによって示されている。自形は針状、長板状、板状など。低温交代鉱床、堆積(たいせき)性硫化鉄鉱床などに産し、辰砂(しんしゃ)、輝安鉱、黄鉄鉱、自然硫黄などと共存する。日本では岩手県松尾村(現、八幡平(はちまんたい)市松尾)松尾鉱山の硫黄鉱床中に少量を産する。命名はイギリスの宣教師でアフリカ探検家のリビングストンにちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android