コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾鉱山 マツオコウザン

5件 の用語解説(松尾鉱山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつお‐こうざん〔まつをクワウザン〕【松尾鉱山】

岩手県北西部、八幡平(はちまんたい)市にあった硫黄硫化鉄鉱山。日本一の産出量を誇ったが、昭和47年(1972)閉山。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

松尾鉱山【まつおこうざん】

岩手県岩手郡松尾村(現・八幡平市)にあった硫黄鉱山。八幡平(はちまんたい)火山群中の茶臼岳南東麓にあり,1882年硫黄の大露頭が発見された。1914年以後松尾鉱業が経営,最盛期は1950年―1953年。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

松尾鉱山

岩手県岩手郡松尾村(現:八幡平市)にあった鉱山。硫黄を産出。1972年閉山。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつおこうざん【松尾鉱山】

岩手県岩手郡松尾村にあった硫黄鉱山。1901年の発見で,14年以後松尾鉱業が経営。鉱床は八幡平の茶臼山火山の複輝石安山岩溶岩,火砕岩を母岩とする鉱染状交代鉱床。四つの鉱体が直径約2km,厚さ約100mの範囲に重なっている。鉱石は硫黄鉱(硫黄27%)と硫化鉱(黄鉄鉱自然硫黄から成り硫黄品位36~38%)で,65年には年産7.25万tの精製硫黄と45万tの硫化鉱を生産した。柱房法による坑内採掘と階段式の露天採掘を行っていたが,石油脱硫による硫黄生産が増え,硫黄価格が低落したので69年に閉山した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まつおこうざん【松尾鉱山】

岩手県北西部、松尾村(現八幡平市)にあった硫化鉱鉱山。1969年(昭和44)閉山。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松尾鉱山の関連情報