コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾鉱山 マツオコウザン

デジタル大辞泉の解説

まつお‐こうざん〔まつをクワウザン〕【松尾鉱山】

岩手県北西部、八幡平(はちまんたい)市にあった硫黄硫化鉄鉱山。日本一産出量を誇ったが、昭和47年(1972)閉山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

松尾鉱山【まつおこうざん】

岩手県岩手郡松尾村(現・八幡平市)にあった硫黄鉱山。八幡平(はちまんたい)火山群中の茶臼岳南東麓にあり,1882年硫黄の大露頭が発見された。1914年以後松尾鉱業が経営,最盛期は1950年―1953年。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

松尾鉱山

岩手県岩手郡松尾村(現・八幡平市)にあった鉱山。硫黄を産出。1972年閉山。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつおこうざん【松尾鉱山】

岩手県岩手郡松尾村にあった硫黄鉱山。1901年の発見で,14年以後松尾鉱業が経営。鉱床は八幡平の茶臼山火山の複輝石安山岩溶岩,火砕岩を母岩とする鉱染状交代鉱床。四つの鉱体が直径約2km,厚さ約100mの範囲に重なっている。鉱石は硫黄鉱(硫黄27%)と硫化鉱(黄鉄鉱自然硫黄から成り硫黄品位36~38%)で,65年には年産7.25万tの精製硫黄と45万tの硫化鉱を生産した。柱房法による坑内採掘と階段式の露天採掘を行っていたが,石油脱硫による硫黄生産が増え,硫黄価格が低落したので69年に閉山した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まつおこうざん【松尾鉱山】

岩手県北西部、松尾村(現八幡平市)にあった硫化鉱鉱山。1969年(昭和44)閉山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

松尾鉱山の関連キーワード八幡平市松尾歴史民俗資料館旧松尾鉱山ヒ素公害リビングストン鉱岩手県八幡平市サセックス石松尾[村]西根[町]土壌汚染岩手県白鉄鉱鉱害

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松尾鉱山の関連情報