コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポソーム

2件 の用語解説(リポソームの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リポソーム

 脂質人工膜の一つで,リン脂質グリセロ糖脂質かくはんして,自動的に小胞を形成させたもので,脂質二重層膜のモデルにするほか,薬剤のマイクロカプセルとしても使う.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リポソーム(liposome)

細胞膜の基本構造を成す脂質二重層を模した人工膜のカプセル。大きさは0.1~0.2マイクロメートル程度。内部にDNAたんぱく質のほか、薬剤などを封入し、患部のみに制がん剤送り届けるドラッグデリバリーシステムや、化粧品などに利用される。バンガソーム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リポソームの関連キーワードカルジオリピン糖脂質複合脂質ホスファチドグリセロール燐脂質グリセロ糖脂質グリセロリン脂質血中脂質スフィンゴリン脂質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リポソームの関連情報