リマリック条約(読み)リマリックじょうやく(英語表記)Treaty of Limerick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リマリック条約
リマリックじょうやく
Treaty of Limerick

1691年 10月3日,アイルランドでのイングランド王ウィリアム3世の掃討戦を終らせた休戦条約。ボイン川の戦いののちアイルランド軍はリマリックにたてこもり,P.サースフィールドの指揮下に善戦健闘,よくイングランド軍を悩ませたが,91年8月イングランド軍に大砲兵隊が到着するに及び,サースフィールドはついに休戦を決意,本条約となった。これにより,アイルランド軍は,国を去ってフランスのジェームズ2世のもとにおもむくか,ウィリアム3世とメアリー2世への忠誠を誓ってアイルランドにとどまるか,どちらかを選ぶことを要求され,いずれにせよ処罰は行われないことが保証された。また,アイルランドのカトリック教徒は,チャールズ2世の治世中に享受していた特権を許されることになった。しかし,後者の条項はその後の立法で事実上骨抜きにされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android