リメディアル教育(読み)リメディアルキョウイク

デジタル大辞泉の解説

リメディアル‐きょういく〔‐ケウイク〕【リメディアル教育】

《remedialは、改善の、補習の、の意》大学教育を受けるために必要な基礎学力を補うために行われる補習教育。学力が著しく不足している学生を支援するために、大学が実施する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リメディアル教育

文部科学相の諮問機関中央教育審議会は、大学教育を受ける前提となる基礎的知識などを大学生が入学前後に学び直す補習教育と位置づける。大学入試センターの荒井克弘教授によると、米国では元来、学習機会が少ない貧困層の子を一般レベルまで引き上げる「治療教育」を指していた。日本でこの言葉が広まった背景について荒井教授は「大学教育の概念に補習はなじまない、と考える関係者がこの表現を使ってきた」と話す。

(2010-10-25 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

リメディアルきょういく【リメディアル教育】

〔リメディアル(remedial)は「矯正のため」などの意〕
補習。特に、基礎学力の低い大学生に対して大学が行う補習授業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リメディアル教育の関連情報