コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュイーヌ公 リュイーヌこうLuynes, Charles d'Albert, Duc de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュイーヌ公
リュイーヌこう
Luynes, Charles d'Albert, Duc de

[生]1578.8.5. ガール,ボンサンテスプリ
[没]1621.12.15. ロートエガロンヌ,ロングビル
フランスの政治家。国王アンリ4世の小姓を経て皇太子に仕え,皇太子がルイ 13世として即位するや忠臣として,王と不和の母后マリ・ド・メディシスの寵臣 C.コンチーニの暗殺 (1617) を遂行し,母后の追放を国王の名において行なった。大貴族の叛意については和解を望んだが,カトリック派に対しては徹底的挑戦を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リュイーヌ公の関連キーワードルイ13世皇太子

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android