コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュッカート Rückert, Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュッカート
Rückert, Friedrich

[生]1788.5.16. シュワインフルト
[没]1866.1.31. コーブルク近郊ノイゼス
ドイツの詩人。後期ロマン派に属し,言語学者,東洋詩の翻訳家としても有名。イェナ大学で教鞭をとったのち,コッタ書店に勤め,文学活動を始める。ナポレオンへの憎悪をこめた愛国詩『フライムント・ライマルのドイツ詩集』 Deutsche Gedichte von Freimund Reimar (1814) ,教訓的思想詩『バラモンの知恵』 Die Weisheit des Brahmanen (6巻,36~39) ,恋の体験を歌った『愛の春』 Liebesfrühling (44) などの作品がある。晩年には再びエルランゲンおよびベルリン大学で東洋語を教えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リュッカートの関連キーワードラングハンスサリエリラ=ペルーズホール朋誠堂喜三二アメリカ合衆国憲法オーストラリア・ニュージーランド文学喜多川歌麿ケルビーニゲーテ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android