コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュッカート リュッカート Rückert, Friedrich

1件 の用語解説(リュッカートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュッカート
リュッカート
Rückert, Friedrich

[生]1788.5.16. シュワインフルト
[没]1866.1.31. コーブルク近郊ノイゼス
ドイツの詩人。後期ロマン派に属し,言語学者,東洋詩の翻訳家としても有名。イェナ大学で教鞭をとったのち,コッタ書店に勤め,文学活動を始める。ナポレオンへの憎悪をこめた愛国詩『フライムント・ライマルのドイツ詩集』 Deutsche Gedichte von Freimund Reimar (1814) ,教訓的思想詩『バラモンの知恵』 Die Weisheit des Brahmanen (6巻,36~39) ,恋の体験を歌った『愛の春』 Liebesfrühling (44) などの作品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リュッカートの関連キーワードシュワン鞘シュワゲリナシュワーベ周期サントネージュワインシュワシュワオレンジシュワシュワグレープシュワシュワサイダーシュワシュワメロンシュワシュワレモンブラッシュワイン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone