コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤め/務め ツトメ

1件 の用語解説(勤め/務めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つとめ【勤め/務め】

当然果たさなければならない事柄。任務。義務。「税金を納めることは国民の―だ」
官公庁・会社などに雇われて、働くこと。勤務。「一日の―を終える」
仏道の修行。また、僧侶が日課として行う勤行(ごんぎょう)。「朝夕の―を欠かさない」
遊女などが稼業として客の相手をすること。
「あの娼妓は、あなたにゃあ―をはなれた、仕うちでげすぜ」〈魯文安愚楽鍋
遊女の揚げ代。また一般に、支払うべき金銭。勘定。
「四十ばかりの女、…―をとりにきたり」〈滑・膝栗毛・六〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone