コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリエリ サリエリ Salieri, Antonio

7件 の用語解説(サリエリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリエリ
サリエリ
Salieri, Antonio

[生]1750.8.18. レニャーノ
[没]1825.5.7. ウィーン
イタリアの作曲家。 1766年当時ベネチアに滞在したウィーンの宮廷楽長 F.ガスマンに見出されてウィーンにおもむき,その地でガスマンを通じてヨーゼフ2世の宮廷付きの作曲家となった。数曲のオペラを作曲して名声を高め,84年グルックの協力を得てオペラ『ダナイード』をパリで上演,87年には彼の最高傑作といわれるオペラ『タラール』を作曲。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サリエリ(Antonio Salieri)

[1750~1825]イタリアの作曲家。ウィーンで宮廷楽長を務め、多数のオペラを作曲。モーツァルト毒殺の風説が立ったが、今日では否定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サリエリ

イタリアの作曲家。ベローナ近郊の裕福な商人の家に生まれ,生地とベネチアで音楽を学んだのち才能を見出されウィーンに移住。オペラで成功をおさめ,1788年−1824年ウィーンの宮廷楽長,1788年−1795年にはウィーン音楽芸術家協会会長を兼任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

サリエリ

イタリア出身の作曲家。主な活動はウィーンで行った。1766年にヴェネツィアを訪れたガスマンの目にとまり、ウィーンへ移って語学や対位法、演奏技法を学んだ。若い頃に出会ったグルックとは、その後も理解し合 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サリエリ【Antonio Salieri】

1750‐1825
イタリアの作曲家。青年時代からウィーンに住み,C.W.グルックの様式を受け継ぐオペラ作曲家として認められる。1780年前後の数年間,ベネチア,ローマ,パリで自作《タラールTarare》(1787。ボーマルシェ台本)ほかを上演して成功。88年から1824年までウィーンの宮廷楽長を務め,また1788年から95年までウィーン音楽芸術家協会会長を兼任した。晩年(1804以降),世間一般の音楽趣味の変化を強く認識してオペラ作曲の筆を断ち,むしろ教育に力を注いでベートーベンシューベルトチェルニー,モシュレスら多くの弟子を育てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サリエリ【Antonio Salieri】

1750~1825) イタリアの作曲家。華麗なオペラを多数作曲。モーツァルトをサリエリが毒殺したという根拠のない伝説は、プーシキンの劇詩や、 P =シェーファーの戯曲の題材となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サリエリ
さりえり
Antonio Salieri
(1750―1825)

イタリアの作曲家。ベローナ近郊のレニャーゴに生まれる。16歳からウィーンに住み、流麗な作風のオペラで名声を博し、1788年から同地で没する前年まで宮廷楽長の要職にあった。主要作品に『ベネチアの定期市』(1772初演)など四十数曲のオペラがある。また教師としてベートーベンやシューベルトを教えた功績も大きい。しかしその死後、サリエリの名前は、晩年にたてられたモーツァルト毒殺のうわさで有名となってしまった。この風説は今日では完全に否定されている。なお、この伝説を題材とした文学作品に、プーシキンの劇詩『モーツァルトとサリエリ』(1830)、ピーター・シャファーの戯曲『アマデウス』(1979)がある。[大久保一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサリエリの言及

【スカラ座】より

…1778年皇太后マリア・テレジアの下命により,ミラノのサンタ・マリア・アッラ・スカラ教会の跡地に建設されたことから命名された。サリエリのオペラ《見知られたエウローパ》(1778)で幕を開けた。19世紀末から20世紀初めにかけて,ベルディの《オテロ》(1887)や《ファルスタッフ》(1893),プッチーニの《蝶々夫人》(1904)など今日イタリア・オペラの古典的名作とされる数々の作品がここで初演されている。…

※「サリエリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サリエリの関連キーワードシュナーベルズッペウィーン古典派イタリアのハロルドウィーン気質ウィーンの朝、昼、晩ウィーンの森の物語シスケショルムツェルハ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サリエリの関連情報