コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュッケルト Friedrich Rückert

2件 の用語解説(リュッケルトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リュッケルト【Friedrich Rückert】

1788‐1866
ドイツの詩人,東洋学者。後期ロマン派に属する。愛国主義的立場からナポレオン軍への反抗をうたった〈鎧をつけたソネット〉を含む《ドイツ詩集》(1814)で名を成すハイデルベルクなどで東洋学を学び,アラビア語ペルシア語に通じて大学教授となり,これらの国の文学の翻訳紹介に功績をあげた。アラブペルシア詩のガザル詩形をドイツ詩に応用するなど,技巧を凝らした詩を書く。【神品 芳夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュッケルト
りゅっけると
Friedrich Rckert
(1788―1866)

ドイツの詩人、東洋学者。フランケン地方に生まれ、後期ロマン派の愛国詩人として出発した。解放戦争の時代に『フライムント・ライマルのドイツ詩集』(1814)を出して注目された。その後エルランゲン大学、ベルリン大学の東洋語教授となり、近東の叙情詩を翻訳紹介する一方、自らも数々の流麗な叙情詩を発表した。『亡き子を偲(しの)ぶ歌』(1872)などマーラーの優れた歌曲によってもこの詩人の名前は広く親しまれている。[松本道介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のリュッケルトの言及

【亡き子をしのぶ歌】より

G.マーラーのオーケストラ伴奏付歌曲。F.リュッケルトがわが子の死を悼みつつ書いた400編の詩のうちの5編をテキストとする。1901年から04年にかけて作曲。…

※「リュッケルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リュッケルトの関連キーワード英学サリエリ朋誠堂喜三二亡き子をしのぶ歌対馬藩池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リュッケルトの関連情報