リュッケルト(英語表記)Friedrich Rückert

世界大百科事典 第2版の解説

リュッケルト【Friedrich Rückert】

1788‐1866
ドイツの詩人,東洋学者。後期ロマン派に属する。愛国主義的立場からナポレオン軍への反抗をうたった〈鎧をつけたソネット〉を含む《ドイツ詩集》(1814)で名を成す。ハイデルベルクなどで東洋学を学び,アラビア語やペルシア語に通じて大学教授となり,これらの国の文学の翻訳紹介に功績をあげた。アラブ・ペルシア詩のガザル詩形をドイツ詩に応用するなど,技巧を凝らした詩を書く。【神品 芳夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュッケルト
りゅっけると
Friedrich Rckert
(1788―1866)

ドイツの詩人、東洋学者。フランケン地方に生まれ、後期ロマン派の愛国詩人として出発した。解放戦争の時代に『フライムント・ライマルのドイツ詩集』(1814)を出して注目された。その後エルランゲン大学、ベルリン大学の東洋語教授となり、近東の叙情詩を翻訳紹介する一方、自らも数々の流麗な叙情詩を発表した。『亡き子を偲(しの)ぶ歌』(1872)などマーラーの優れた歌曲によってもこの詩人の名前は広く親しまれている。[松本道介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のリュッケルトの言及

【亡き子をしのぶ歌】より

G.マーラーのオーケストラ伴奏付歌曲。F.リュッケルトがわが子の死を悼みつつ書いた400編の詩のうちの5編をテキストとする。1901年から04年にかけて作曲。…

※「リュッケルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android