コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュプケ リュプケLübke, Heinrich

2件 の用語解説(リュプケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュプケ
リュプケ
Lübke, Heinrich

[生]1894.10.14. ウェストファーレン,エンクハウゼン
[没]1972.4.6. ボン
西ドイツの政治家。ベルリンミュンスター両大学で農学,国民経済学,哲学を学んだ。 1926年中小農民の諸団体を総合し,その指導者として活躍。 31年プロシア州議会の中央党議員となったが,33年ナチス・ドイツによりすべての公職から追放,投獄された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュプケ
りゅぷけ
Heinrich Lbke
(1894―1972)

ドイツの政治家。エンクハウゼン生まれ。測量・植林技師として働いたのち、1926~1933年ドイツ農民連盟事務局長、1931~1933年プロイセン州議会議員(中央党所属)を務め、第二次世界大戦後、1945年キリスト教民主同盟CDU)に入党した。1946~1949年ノルトライン・ウェストファーレン州議会議員、1947~1952年同州農業相、1953~1959年連邦政府農業相を歴任したのち、1959~1964年、1964~1969年の連続二期大統領を務めた。[深谷満雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リュプケの関連キーワード日清戦争リーケの原理日清戦争ロシア映画アレクサンドル露仏同盟ウィリス木口小平権藤震二高橋作衛

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リュプケの関連情報