コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューベツァール Rübezahl

1件 の用語解説(リューベツァールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リューベツァール【Rübezahl】

ボヘミアとシュレジエンとの境にそびえて,エルベ川の源を擁するリーゼン山地Riesengebirgeに住むといい伝えられてきた山の精。一説にはグノーメン(地の精たち。グノーム)の王ともいう。プレトリウスJohannes Praetorius(1630‐80)が1662年以来10年間に発表した計241話の伝説によって広く世に知られるようになった。その名の由来は〈粗毛の尻尾Riebezagel〉であるというのが現代の定説であるが,通俗語源説では〈かぶらRübe〉と結びつけられ(J.K.A.ムゼーウスのメルヘン等),そのせいか薬草や根菜にまつわる話が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リューベツァールの関連情報