猟人(読み)さつひと

精選版 日本国語大辞典「猟人」の解説

さつ‐ひと【猟人】

〘名〙 (後世は「さつびと」とも) 猟師。かりゅうど。さつお。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※暮笛集(1899)〈薄田泣菫〉秋の歌「窺狙(うかねら)ひよる(サツビト)の」

りょう‐じん レフ‥【猟人】

〘名〙 狩猟をする人。かりゅうど。猟師。《季・冬》 〔元和本下学集(1617)〕 〔宋書‐武帝紀・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「猟人」の解説

りょう‐じん〔レフ‐〕【猟人】

狩猟をする人。狩人かりゅうど。猟師。 冬》
[類語]猟師狩人ハンター鷹匠

さつ‐ひと【猟人】

かりゅうど。猟師。さつお。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「猟人」の解説

【猟人】りようじん

狩人。

字通「猟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android