コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン(燐)塩球試験 りんえんきゅうしけん

百科事典マイペディアの解説

リン(燐)塩球試験【りんえんきゅうしけん】

リン塩NaNH4HPO4・4H2Oを熱すると水とアンモニアを放ってガラス状のメタリン酸ナトリウムNaPO3となるが,これを白金線上でつくり金属の塩または酸化物をつけて共融すると含まれる金属元素により特有な呈色反応を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のリン(燐)塩球試験の言及

【溶球試験】より

…溶球反応bead reactionともいう。ホウ砂Na2B4O7・10H2Oまたはリン塩(リン酸水素アンモニウムナトリウム)NaNH4HPO4・4H2Oを強熱してできるガラス状の溶球に金属酸化物または塩類が溶けて着色することを利用するもので,溶球にホウ砂を用いるものをホウ砂球試験borax bead test,リン塩を用いるものをリン塩球試験phosphate bead testという。まず,先端を直径3mm程度の環状に巻いた白金線をバーナーで強熱し,これにホウ砂またはリン塩の粉末を付着させて再び熱する。…

※「リン(燐)塩球試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リン(燐)塩球試験の関連キーワードアンモニア炎色反応

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android