炭酸カリウム(読み)タンサンカリウム(英語表記)potassium carbonate

デジタル大辞泉 「炭酸カリウム」の意味・読み・例文・類語

たんさん‐カリウム【炭酸カリウム】

炭酸カリウム塩。潮解性のある白色の粉末。水に溶けやすく、水溶液アルカリ性。木灰に多く含まれ、水で抽出したものが灰汁あく軟石鹸・ガラス・医薬品などに利用。化学式K2CO3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「炭酸カリウム」の意味・読み・例文・類語

たんさん‐カリウム【炭酸カリウム】

  1. 〘 名詞 〙 ( カリウムは[ドイツ語] Kalium ) カリウムの炭酸塩。化学式 K2CO3 無色、単斜晶系結晶。粉末状で潮解性がある。天然には木灰中に含まれ、抽出したものは灰汁(あく)という。水溶液は加水分解によってアルカリ性を示す。軟せっけん・硬質ガラス光学ガラス・医薬品などの原料、染色・漂白皮なめし羊毛洗濯などに用いられる。炭酸カリ。カリ。〔新語常識辞典(1936)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「炭酸カリウム」の意味・わかりやすい解説

炭酸カリウム (たんさんカリウム)
potassium carbonate

化学式K2CO3。俗に炭酸カリまたは単にカリ(加里)ともいう。植物灰の主成分をなす。タバコの煙にも相当量含まれる。

無水和物のほかに,1.5水和物,2水和物がある。無水和物は潮解性のある無色の粉末。融点891℃。比重2.29。屈折率1.531。MI2CO3⇄MI2O+CO2解離圧アルカリ金属の炭酸塩中最も低く,1000℃において8.3torr(mmHg)(図)。水100gへの溶解度105.5g(0℃),113.5g(25℃),156g(100℃)。エチルアルコールに不溶。水溶液は加水分解のためアルカリ性を示し,二酸化炭素を吸収して炭酸水素カリウムKHCO3を生ずる。1.5水和物は単斜晶系。比重2.043。2水和物は斜方晶系。比重2.043。

(1)水酸化カリウム水溶液に加圧下で二酸化炭素を通ずる。

 2KOH+CO2─→K2CO3+H2O

(2)塩化カリウムを原料としたルブランLeblanc法を用いて,炭酸ナトリウムと同様にしてつくる。

(3)カーナル石KCl・MgCl2・6H2Oまたは塩化カリウムの水溶液に炭酸マグネシウムを懸濁させて二酸化炭素を通じ,複塩を沈殿させる。

 2(KMgCl3・6H2O)+3MgCO3+CO2─→2(MgCO3・KHCO3・4H2O)↓+3MgCl2+3H2O

これを加圧下で熱水と煮沸すると,炭酸マグネシウムが沈殿して,炭酸カリウムの水溶液が得られる(シュタスフルトStassfurt法)。

 2(MgCO3・KHCO3・4H2O)─→2MgCO3↓+K2CO3+9H2O+CO2

(4)木灰の抽出液,テンサイからテンサイ糖やエチルアルコールをつくった残液からも得られる。工業製品にはナトリウム塩の混在することが比較的多いので,その水溶液に二酸化炭素を通じて純粋な炭酸水素カリウムKHCO3を析出させ,これを加熱分解して純粋な無水和物とする精製法がよく用いられる。

軟セッケン,硬質ガラス,光学ガラス,医薬品の原料とされ,染色,漂白,皮なめし,羊毛洗浄に用いられる。有機合成における温和な脱水剤,炭酸ナトリウムとの当量混合物は分析用の融剤とされる。
炭酸ナトリウム
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「炭酸カリウム」の意味・わかりやすい解説

炭酸カリウム
たんさんかりうむ
potassium carbonate

炭酸のカリウム塩。炭酸カリまたは単にカリともいう。カリウム塩中もっとも重要なものの一つ。陸上植物の灰の中に10%程度含まれており、水による抽出液は灰汁(あく)とよばれ、古くは洗剤に使用されていた。水酸化カリウムの45~50%溶液に二酸化炭素を吹き込み、全部が炭酸カリウムとなったところで不純物を濾別(ろべつ)し、真空濃縮することによって製造される。

  2KOH+CO2→K2CO3+H2O
 また、炭酸水素カリウムとして析出させてから熱分解する方法も行われる。

  2KHCO3→K2CO3+CO2+H2O
 無水和物は無色、吸湿性の結晶。水によく溶け、水溶液中では加水分解してアルカリ性を呈する。アルコールには溶けない。二酸化炭素を吸収して炭酸水素カリウム(重炭酸カリウムともいう)に変わる。ほかに1.5水和物(単斜晶系)、二水和物(斜方晶系)が知られている。軟せっけん、硬質ガラス、光学ガラスなどの製造原料、染色、漂白、羊毛の洗濯などに使用される。実験室では脱水剤、融剤、分析試薬として用いられるほか、医薬品の製剤原料にもなる。

[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版 「炭酸カリウム」の解説

炭酸カリウム
タンサンカリウム
potassium carbonate

K2CO3(138.21).単にカリともいう.水酸化カリウム水溶液に二酸化炭素を作用させて濃縮すると得られる.また,炭酸水素カリウムの熱分解により無水物が得られる.無水物は白色の粉末.密度2.42 g cm-3.融点891 ℃(分解).潮解性で,水に易溶,エタノール,アセトンに不溶.水溶液はアルカリ性を示し,二酸化炭素を吸収して炭酸水素カリウムを生じる.水溶液からは常温で二水和物が析出する.ほかに1.5水和物(単斜晶系.密度2.04 g cm-3)がある.軟せっけん,ガラス,陶磁器,医薬品などの原料,染色,漂白,脱水剤,肥料,炭酸ナトリウムと混合して分析用融剤などに用いられる.[CAS 584-08-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア 「炭酸カリウム」の意味・わかりやすい解説

炭酸カリウム【たんさんカリウム】

化学式はK2CO3。比重2.29(19℃),融点891℃。単にカリとも。水によく溶ける無色の結晶。潮解性。水溶液は強アルカリ性。水溶液からは2水和物が得られる。天然には木灰中に存在し,これを水で抽出したものを灰汁(あく)といい,古くから漂白,洗浄に用いられた。工業的には苛性カリ水溶液に二酸化炭素を通ずるか,塩化カリウムを原料として炭酸ナトリウムと同様につくる。カリセッケン,硬質ガラス,医薬などの原料,染色,漂白,洗浄などに使用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「炭酸カリウム」の意味・わかりやすい解説

炭酸カリウム
たんさんカリウム
potassium carbonate

化学式 K2CO3 。吸湿性のある無色無臭の塊状物質または粉末。水に可溶であるが,アルコールには難溶。水溶液は強アルカリ性を示し,融点 891℃,比重 2.29。軟石鹸,硬質ガラス,医薬品材料,カリウム塩の製造,染料,漂白,皮なめし,有機物の脱水,分析用融剤などに広く使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典 「炭酸カリウム」の解説

炭酸カリウム

 K2CO3 (mw138.21).塩水や膨張剤として使われる食品添加物.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の炭酸カリウムの言及

【カリ】より

…炭酸カリウムK2CO3の俗称。加里と書くこともある。…

※「炭酸カリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android