コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属元素 キンゾクゲンソ

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくげんそ【金属元素 metallic elements】

単体が金属の性質をもつ元素。元素の大多数は金属元素である。ふつう,周期表の上で,ホウ素B―ケイ素Si―ヒ素As―テルルTe―アスタチンAtを斜めに結んだ線を,ほぼ金属元素と非金属元素境界線とし,その左側,下側の元素をすべて金属元素,右側,上側(および境界線上)の元素を非金属元素として元素を分類することが多い。しかし境界線付近のケイ素,ゲルマニウム,スズ,ヒ素,アンチモンビスマス,テルルなどの元素はしばしば両者の中間的な挙動を示し,条件によって金属的な形態と非金属的な形態をとるものや,半導体となるものなど,一連の特異な性質が現れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きんぞくげんそ【金属元素】

単体として金属をつくる元素の総称。その性質によりアルカリ金属・アルカリ土類金属・鉄族・銅族・白金族などに、また大きく遷移元素金属と典型元素金属などに分類される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金属元素
きんぞくげんそ
metallic element

単体が金属を形成する元素をいう。長周期型周期表で図の左下方が一般に金属元素である。これに対し、右上方が非金属元素であるが、その中間的な性質をもつ元素もある。たとえば、ゲルマニウムGe、ヒ素As、ビスマスBi、セレンSe、テルルTe、アスタチンAtなどは金属性の単体と非金属性の単体とがあり、半金属ということもある。一般に金属元素の水酸化物は塩基性で、酸の水素と置換して塩をつくり、結晶中ではイオンとして存在することが多い。[中原勝儼]
『田中良平著『耐熱合金のおはなし』(1990・日本規格協会) ▽長谷川良佑著『レアメタル――機能材料の金属元素』(1992・産業図書) ▽糸川嘉則・五島孜郎編『生体内金属元素』(1994・光生館) ▽桜井弘著『金属は人体になぜ必要か――なければ困る銅・クロム・モリブデン…』(1996・講談社) ▽日本化学会編『教育現場からの化学Q&A』(2002・丸善) ▽日本化学会編『実験化学講座23 無機化合物』第5版(2005・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金属元素の関連キーワードリュードベリ‐シュスターの法則ルンゲの法則(スペクトル系列)シュールマン系列アルカリ土類金属蛍光スペクトルスピネル型構造ミッシュメタルリン酸塩鉱物苛性アルカリフランシウム必須微量元素遷移金属元素金属間化合物典型金属元素アルカリ金属イオン結合窒素族元素カルシウム金属イオン金属欠乏星

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android