コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化ウラン さんかウラン uranium oxide

1件 の用語解説(酸化ウランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんかウラン【酸化ウラン uranium oxide】

酸化数4,6の化合物が普通に知られている。
酸化ウラン(IV)]
 化学式UO2。二酸化ウランともいう。酸化ウラン(VI)UO3を水素気流中1000~1100℃で長時間熱し,還元して得られる褐色粉末。比重10.97,融点2176℃。常温でも容易に酸化されてU4O9,U3O7,U3O8などとなる。水,希酸に不溶,濃硝酸,過塩素酸には容易に溶ける。
九酸化四ウラン
 化学式U4O9。UO3の結晶に過剰の酸素が格子の間に入り込んだ超格子構造をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酸化ウランの関連キーワード酸化剤酸化数酸化物炭化物炭素化合物付加反応無機化合物一酸化エノール化熱酸化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸化ウランの関連情報