酸化ウラン(読み)さんかウラン(英語表記)uranium oxide

世界大百科事典 第2版の解説

さんかウラン【酸化ウラン uranium oxide】

酸化数4,6の化合物が普通に知られている。
ウラン(IV)]
 化学式UO2。二酸化ウランともいう。酸化ウラン(VI)UO3を水素気流中1000~1100℃で長時間熱し,還元して得られる褐色粉末。比重10.97,融点2176℃。常温でも容易に酸化されてU4O9,U3O7,U3O8などとなる。水,希酸に不溶,濃硝酸,過塩素酸には容易に溶ける。
[九酸化四ウラン]
 化学式U4O9。UO3結晶に過剰の酸素格子の間に入り込んだ超格子構造をもっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

酸化ウラン
サンカウラン
uranium oxide

ウランと酸素の化合物.ウランの取り得る酸化状態が多いため,非常に複雑な系で,以下の化合物の組成比は近似的なことが多い.【】酸化ウラン(Ⅱ):UO(254.0).一酸化ウランともいう.金属ウランの表面が酸化されて黒色皮膜として生じることが知られている.[CAS 12035-97-1]【】酸化ウラン(Ⅳ):UO2(270.1).二酸化ウランともいう.酸化ウラン(Ⅵ)UO3を水素気流中で700 ℃ に熱するか,350 ℃ でCOにより還元すると得られる.褐色または黒色の粉末.融点2878±20 ℃.密度10.96 g cm-3.塩素,臭素と赤熱するとウラニル塩になる硝酸に溶けて硝酸ウラニルとなる.アルカリ金属,カルシウム,マグネシウムによって金属ウランに還元される.おもに発電用原子炉の核燃料として用いられる.[CAS 1344-57-6]【】酸化ウラン(Ⅴ):U2O5(556.1).五酸化二ウランともいう.UO2Cl2を900 ℃ で熱分解すると得られる.[CAS 12065-66-6]【】八酸化三ウラン:U3O8(842.1).X線光電子分光法によれば Uと Uが1:2の割合で存在する混合原子価状態で,U2・2U O3である.UO3,UO2,UO2(NO3)2などを赤熱すると得られる.α(密度8.395 g cm-3)とβ(密度8.326 g cm-3)の2変態がある.製法により,緑色または黒色をした固体.高温で水素または一酸化炭素で還元されてUO2になる.濃酸と温めると溶ける.フッ化水素によって,フッ化ウランと四フッ化ウランとなる.[CAS 1344-59-8]【】酸化ウラン(Ⅵ):UO3(286.1).三酸化ウランともいう.水酸化ウラニル,硝酸ウラニルあるいは二ウラン酸アンモニウムなどを加熱分解するか,八酸化三ウランを高圧酸素下,900~1500 ℃ に加熱してつくる.製法により,黄褐色または橙赤色の粉末で,非晶質および多くの多形状態がある.吸湿性である.両性的で塩基性酸化物と化合すればウラニル塩を生じる.強熱すると八酸化三ウランに,水素中で熱すると二酸化物になる.アルカリ金属およびアルカリ土類金属と反応して金属ウランになる.鉱酸に溶解してそれぞれのウラニル塩となる.[CAS 1344-58-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸化ウランの関連情報