コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンザー リンザー Rinser, Luise

2件 の用語解説(リンザーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リンザー
リンザー
Rinser, Luise

[生]1911.4.30. オーバーバイエルン,ピッツリング
[没]2002.3.17. バイエルン,ウンターハヒング
ドイツ女流作家ミュンヘン大学卒業後,小学校の教員をしながら創作し,1940年に発表した処女作『ガラスの波紋』 Die gläsernen Ringeで有名になる。翌年ナチスによって執筆を禁止され,さらに 1944年には国家反逆罪で投獄され,終戦まで獄中にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンザー
りんざー
Luise Rinser
(1911―2002)

ドイツの女流小説家。ピッツリング生まれ。1939年『波紋』を執筆、40年出版し文壇に登場した。カトリック的秩序と調和を示す発展小説『ニーナ』(1961)をはじめ、子供や女性の心理的変転を描いた多くの長編小説を発表する一方、『普請場』(1970)、『われら故郷なきもの』(1992)などの日記においては、現実の諸問題についても考察をめぐらせている。ナチス時代に反逆罪で逮捕された体験を『獄中日記』(1946)や自伝『狼(おおかみ)を抱擁する』(1981)にまとめている。このほかにダライ・ラマ14世との対話を記録した『ダライ・ラマ平和を語る』(1995)などの著作がある。1981年(昭和56)に来日した。[横塚祥隆]
『上田真而子訳『波紋』(岩波少年文庫) ▽中澤英雄訳『ダライ・ラマ平和を語る』(2000・人文書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンザーの関連キーワードオーバースローオーバードクターオーバートップキャブオーバーゲームオーバータイムオーバープルオーバーオーバーチュアテークオーバーネットオーバー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リンザーの関連情報